0歳の赤ちゃんにも楽しめるオススメ絵本

0歳の赤ちゃんにも楽しめるオススメ絵本絵本

「0歳の赤ちゃんに絵本はまだ早いのでは?」と思うかもしれませんが、我が子に絵本を読み聞かせすると意外にも喜んでくれました。

私が、初めて我が子に絵本をプレゼントしたのは生後3ヶ月頃です。

初めての読み聞かせをした時は、じーっと真剣な眼差して見ていました。

4ヶ月頃には絵本を読むと「きゃっきゃ」と声を出したり、にこっと嬉しそうに笑うようになりました。

赤ちゃんはまだ、絵本の内容は理解できなくても、ママやパパの「声」を聞くことで安心させてあげられることができるようです。

実際に私が我が子に読んで、「良かった」と思う絵本を紹介します。

0歳の赤ちゃんにおすすめの本

じゃあじゃあびりびり

赤ちゃんの好きなリズミカルな言葉を楽しめる本です。赤ちゃんの初めての絵本(ファーストブック)として定番の絵本で、実際に私もこの本をファーストブックとして選びました。

「ぶーぶーぶー」「わんわんわん」など赤ちゃんが喜ぶ擬音で、我が子も喜んでくれました。

絵本のサイズは14cm×14cmとコンパクトなので、お出かけ先にも持ち運びやすく、外出先にぐずった時にも役立ちました。

夜泣きの時にこの本を暗唱してあげると、泣き止むこともあり、本当に買ってよかった1冊です。

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん) | まつい のりこ |本 | 通販 | Amazon
Amazonでまつい のりこのじゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)。アマゾンならポイント還元本が多数。まつい のりこ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またじゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

Yahoo!ショッピング

しましまぐるぐる

生後間もない赤ちゃんはまだ視力が弱いので、はっきりした色合いの絵本の方が0歳の赤ちゃんにはおすすめです。

この本は、絵のコントラストが強いので、まだ視力が弱い生後6か月未満の赤ちゃんでも、しっかり注目することができます。

「しましま」「ぐるぐる」など赤ちゃんが喜ぶ繰り返しの言葉と、コントラストの強い絵で、我が子も夢中になってこの本を読んでいました。

ページの中にちょっとした仕掛け(顔や動物が隠れてたり)があり、成長につれて、その部分を発見して嬉しそうに指差ししていました。

コントラストが強い絵で赤ちゃんの興味を惹きつけることができるので、ぐずった時などに読んであげても効果的でした。

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本 | 晃夫, 柏原 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで晃夫, 柏原のしましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本。アマゾンならポイント還元本が多数。晃夫, 柏原作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またしましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ごぶごぶごぼごぼ

「マツコの知らない世界」で、落ち着きのない子どもが静かになる本として紹介された本です。
作者の駒形さんのお子さんが、お腹の中にいた時に、こんな音が聞こえたと言ったことをまとめたそうです。
赤、青、黄、白、水色のマルの絵と、「ぷーん」「ぷ ぷ ぷ」「どどどーん」などの擬態語のみのシンプルな構成です。
各ページに丸い穴が空いてて、そこに指を入れてめくる楽しみもあります。

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん) | 駒形 克己 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで駒形 克己のごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)。アマゾンならポイント還元本が多数。駒形 克己作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

まとめ

生後間もない赤ちゃんにも絵本の読み聞かせはオススメです。

最初は反応が薄くても、成長につれて、真剣に見たり、笑ったり、喜んだりと反応してくれるようになると思います。

娘はもうすぐ2歳になりますが、今回紹介した本は、今だに読んであげると喜びます。

ぜひ、0歳の赤ちゃんにも絵本を読んであげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました